レイ・ミランドの評価 | ダイヤル

ヒッチコックの傑作をオリジナルで!メーカーHPによると「2本の35mmネガフィルムを4Kでスキャン/4K解像度で修復した」と記載されていますが、本編映像を見ると確かに50年以上も前の作品とは思えないほどの鮮明さです。できれば!当時の3Dの撮影メイキングが収録されていれば!なお良かったと個人的には思います。予告編の画質と比べるとよくわかります。

3月7日 オススメ商品!

2017年03月07日 ランキング上位商品↑

ダイヤル レイ・ミランドダイヤルMを廻せ! 3D&2D【Blu-ray】 [ レイ・ミランド ]

詳しくはこちら b y 楽 天

サスペンスドラマなので!長いカットも多く!目には負担が少なそうです。●追記●3Dでも観賞しましたが!立体感はありました。。この時代の3Dをきれいな画質で見られるとはありがたいことです。VHDは短命に終わった規格ですが、このソフトのためだけに買いたいと思ったほどです。ただ、オーバーラップなどの合成カットは画質が甘くなりますが。結論としては、2Dでも3Dでも面白い作品は面白いです。昔レーザーディスク(これも今や死語)に対抗して作られたVHDの目玉に3Dのこの作品がありました。飛び出す感じのものではありません。もちろん、2D再生もできるので、2度楽しめますね。サスペンスを3Dで観るのもいいですが!ヒッチコック&3Dのコラボも楽しみです。